国消国産(こくしょうこくさん)

10月16日は「国消国産の日」

 一般社団法人全国農業協同組合中央会(JA全中)が制定しました。10月16日は、国連食糧農業機関(FAO)が制定した「世界食料デー」であり、世界各国で食糧問題を考える日であることから、多くの人に日本農業に関する課題を知ってもらい、食料を生み出す農業を応援してくれる人を増やしたいとの願いが込められています。

JAおきなわでの取り組み

 JAおきなわでは、国消国産の機運を高めようと地元メディアを通じて積極的にPRを行っております。

乃木坂46と食・農業を学ぼう!

 「国民が必要とし消費する食料は、できるだけその国で生産する」という「国消国産」の重要性等を伝えるため、WEB サイト内にクイズを実施しています。
 生産基盤の弱体化や食料自給率の低迷など、国内農業が抱える諸課題についての解説が乃木坂46のメンバーと一緒に楽しく学べます。

乃木坂メンバーが農業の生産現場等を訪問し、農家さん等から「食・農」の実態・魅力を学び伝えてくれます。

動画配信スケジュール

 乃木坂46と一緒に国消国産を学ぼう!

乃木坂46のメンバーが、日本の「食」「農業」の現状をわかりやすく表現したイラストとともに、アニメーション形式で「国消国産」の趣旨や重要性を解説してくれます。

 ~わたしたちの食べるもの、わたしたちの国でつくっているんですか?~

乃木坂46が日本の農家さんを応援!

乃木坂46がJAのことをわかりやすく紹介!

林先生と学ぶ「国消国産」

 「国民が必要とし消費する食料は、できるだけその国で生産する」という「国消国産」の重要性等を伝えるため、意義・重要性、国内農業の課題やリスクなどを林先生がわかりやすく説明してくれます。

「国消国産」とSDGsの関係について

 JAおきなわでは、国消国産と地産地消の取り組みに行うことでSDGsの目標達成にも貢献してまいります。