果物

沖縄県で生産されている果物をご紹介します。

  • 写真: マンゴー

    マンゴー

    原産地は、インドシナ半島周辺と推測され、インドでは4000年以上前から栽培されていたそうです。日本へは、1950年頃に台湾より伝えられたそうです。

    沖縄県を代表する熱帯果実であり、濃厚な甘さとほどよい酸味が特徴です。近年では、夏場の贈答品としても人気があり、生食として食す他にも、ジュース、シャーベット、プリン、ゼリー等、各種デザートにも使用され大変人気のある食材です。

    詳細を見る

    生産時期

  • 写真: 果実パパイヤ

    果実パパイヤ

    原産は中南米で、16世紀にスペイン人が発見した後は、世界各地の熱帯・亜熱帯地域で栽培されるようになりました。

    詳細を見る

    生産時期

  • 写真: タンカン

    タンカン

    原産地は中国の広東省が原産地であり、明治39年頃に台湾から沖縄を始め、南西諸島へと移植され、昭和9年頃に本格的な栽培がおこなわれるようになりました。

    詳細を見る

    生産時期

  • 写真: パッションフルーツ

    パッションフルーツ

    アメリカ大陸の亜熱帯地区が原産とされており、現在では、熱帯地区、亜熱帯地区の広範囲で栽培されています。

    詳細を見る

    生産時期

  • 写真: シークヮーサー

    シークヮーサー

    沖縄県や台湾に古くから自生している作物で、沖縄県では古くから食されてきました。
    シークヮーサーの「シー」は「酸」、「クヮーサー」は「食わせる」という意味で、合わせて「酸を食べさせる」という意味になります。

    詳細を見る

    生産時期

  • 写真: パインアップル

    パインアップル

    原産地は熱帯アメリカがで、1500年ごろにスペインやアフリカ、熱帯アジア等、広範囲に広まっていきました。
    日本へ伝わったのは、1830年頃と言われています。

    詳細を見る

    生産時期

  • 写真: ドラゴンフルーツ

    ドラゴンフルーツ

    原産地はメキシコ及び中南米とされています。

    詳細を見る

    生産時期

  • 写真: スイカ

    スイカ

    原産地は熱帯アフリカのサバンナ地帯や砂漠地帯といわれています。日本に伝わったのは、室町時代というのが有力です。

    青果市場の取扱いや栄養学上は「果実」とされているため、また世間一般的にも「果実」という認識が広まっています。

    詳細を見る

    生産時期