オクラ

全国的に広まっている五角形の角オクラの他に、沖縄では角のない丸オクラも栽培されており、角オクラに比べ、オクラ独特の粘りが強いと言われています。

写真: オクラ

歴史・特徴

アフリカ北東部のエチオピアという説が有力で、日本には明治初期に伝わっています。

選ぶポイント

表皮にハリと弾力があり、産毛がしっかり生えているもの、切り口が新鮮なものが良いとされています。また、大きすぎるものは固い可能性があるので、8~10.5㎝程のものが良いでしょう。

生産時期

生産時期:4月~12月

主な品種

フィンガー5、ブルースカイ等

主な産地

うるま市、石垣市、南城市、八重瀬町、宮古島市

栄養価・成分表

オクラ独特の粘りの正体はペクチン、ガラクタンといった、水溶性の食物繊維によるものです。食物繊維を多く含む食材ですので、便秘予防、整腸作用があるとされています。また、ビタミン、カロテン、ミネラルも多く含んでおり、非常に栄養価の高い野菜です。

カリウム:260mg
カルシウム:92mg
マグネシウム:51mg
カロテン:670mg
ビタミンB1:0.09mg
ビタミンB2:0.09mg
葉酸:110μg
食物繊維:5.0mg

成分表100g中(科学技術庁資源調査会/編 5訂日本食品標準成分表より)